価値が分からない切手!だからこそ専門業者に高価買取りしてもらおう!

最終更新日:2019年04月24日

切手買取で押さえておくべきポイント

使用済切手

切手の収集は趣味としてブームを繰り返し、今でも多くのコレクターがいますが、それに伴い多くの切手買取専門店が営業しています。

基本的に切手は使用を前提としているので、ごく一般的な切手の場合買取に出しても額面通りか額面以下にしかなりませんが、極めて発行枚数の少ない切手や、何かの記念に発行されたような希少性の高いものは、驚くほど高値で取引されることがあります。

切手のコレクターは若い方から年配の方まで幅広いので、多くの方が欲しがる希少性の高いものはドンドンと価値が上昇する可能性がありますが、ここでは切手買取を行う際の注意について見ていきましょう。
まず切手買取に限らず、中古品の買取ではそのアイテムの状態が重要になりますが、切手の場合には一枚一枚の状態はもちろん、単品かシート状態かによっても価格は全く異なります。

希少性の高い切手の場合には、一枚毎でも十分高額な査定が期待出来るのですが、時折シートのまま流通している切手もあるので、査定額は格段に上昇します。これは単純に一枚当たりの単価にシートに含まれる枚数を掛け合わせるだけでなく、シートになっていることそのものが高評価となるので、一枚当たりの単価も引き上げられ驚くような高額査定となることもあります。そのためシート状態で持っている切手があれば、切り離すのではなく出来るだけそのままの状態で持ち込むことをおすすめします。多くの方が売却や使用の際にこれらシートを切り離していしまいますが、だからこそ希少性の高い切手がシートのまま残っていると非常に珍しいと、高額査定となることがあります。
また保存状態にも気を配る必要があります。いつか値段が上がったら売ろうと切手を保存している方も多いですが、それらのケースの多くで切手が劣悪な状態で保管されています。もちろん引き出しの中やケースの中など直接的な劣化の無い状態で保存しているつもりなのですが、古い切手の場合には紙質が今のものよりも劣っていることも多いので、普通の保存環境では知らず知らずの内に劣化することがあります。そのため脂質である指で触る事などはご法度ですが、ピンセットで整理しながら切手専用のファイルなどに保管しておくことをおすすめします。このように扱いが難しい切手ではありますが、人気のある切手の場合一つの財産として万が一の際の備えにすることが出来ます。毎年切手買取の相場は変動するので、ぜひお持ちの切手の相場をチェックして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スピード買取.jp