価値が分からない切手!だからこそ専門業者に高価買取りしてもらおう!

最終更新日:2019年03月22日

昔の切手のコレクションを売る事にしました。

一番ポーズをとる男の子

幼少期の頃から数年間、切手を集めていました。当時はブームだった事もあり、切手が発売されると郵便局まで買いに行くほど、切手が好きで集めており、主にシートで購入をしていました。

ですが一時的なもので、その後は切手を集める事はしなくなり、長い間押入れの一角に放置されたままになっていました。

ところが、ある日の事ですが押入れを整理していた所、昔集めていた切手のコレクションを発見して、懐かしさのあまり見とれてしまい、当時の思い出も蘇ってきました。

それぞれ同じ切手をストックブックに一枚と、シートはファイルに入れていたので、一枚あれば良いと思いシートの方を売却しようと思いました。

売却先を探したのですが、ネット査定もありましたし、店頭での査定等、色々と売却先はありましたが、やはり目の前で査定をした方が、納得が行く金額で売却ができると思い、店頭での査定を依頼する事にしました。

場所は子供の時に通った事がある切手専門店で、数十年経った今も営業をしており、思いでも蘇ってくる懐かしいお店です。

査定をしてもらったのはファイル2冊分で、合計50シートはありましたが、丁重に傷がないか、染みは無いか等を詳しく調べられました。しばらくして査定が終わり査定額を示されましたが、その金額にびっくりしました。

全ての切手が30年以上を経過しているもので、保存状態も一部を除いては一級品に値するものであり、当時の購入金額を数倍上回る査定が出されたので、思っていたより高額でした。

切手を買い始めた当時は集める事に楽しみがあり、友人と話をする事に夢中になっていたので、数十年後の売却を考えて購入した事はありませんでした。

年数が経過をしていたのでプレミアの価値が付いており、私は遥か以前に切手収集も止めていたので、価値の方も知ることはありませんでした。

売却をして評価額を初めて知った感じです。

今のところ、これから集める予定は無いので、査定額通りに売却をする事にしました。

思ってもいない評価でしたし、知らず知らずの内にお宝を所有していたので、思い切って売る事ができて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スピード買取.jp